【やらなきゃ損】Amazonギフトチャージでサクッと1,000円ゲット >>

【2019年】閣僚資産公開 そもそも資産公開はなぜ行われる? 理由や資産一覧など

10月25日、先月発足した第4次安倍内閣で新たに閣僚に就任された15人の資産が公開されました。

 

公開されたのは、今回新たに就任した15名のみで、留任やポストの変更があった閣僚については対象になっていません。

公開された資産には家族の分も含まれ、土地と建物の評価額は実際の取引価格ではなく、固定資産税の課税標準額となっています。
また、預貯金には普通預金と当座預金は含まれていません

 

本人だけでなく、家族の資産が公開されています。

閣僚になるような人はどれだけ資産を持っているか気になりますよね。

 

それでは早速見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

新閣僚の資産一覧

今回は発表された閣僚の資産一覧です。

資産一覧高市総務大臣河井法務大臣萩生田文部科学大臣加藤厚生労働大臣江藤農林水産大臣赤羽国土交通大臣小泉環境大臣田中復興大臣武田国家公務員長衛藤一億総活躍担当大臣竹本IT担当大臣西村経済再生担当大臣北村地方創生担当大臣橋本オリンピック・
パラリンピック担当大臣
菅原前経済産業大臣
(辞任)
住宅など奈良市の住宅
1,008万円
広島市の住宅
739万円
東京都八王子市の住宅東京都杉並区の住宅宮崎県日向市や東京都目黒区の住宅
3,314万円
なしなし川崎市の住宅北九州市の住宅大分市の住宅
1,769万円
大阪府富田林市の住宅兵庫県明石市の住宅長崎県佐世保市の住宅
4,202万円
千葉県大網白里市の住宅
426万円
東京都練馬区の住宅
2,820万円
預貯金2,210万円なし6,864万円1,433万円
株式なしなしなし22銘柄
12万7700株
4銘柄
2,200株
1銘柄
4,400株
1銘柄
2,000株
1銘柄
5,600株
なし8銘柄
2万2,700株
1銘柄300株なしなしなし
借入金2,206万円1,635万円2,054万円9,925万円
その他有価証券など9,113万円

ゴルフ会員権4口

ゴルフ会員権1口有価証券
2億9,001万円
有価証券8,266万円
ゴルフ会員権1口
有価証券5,445万円貸付金1,792万円貸付金3,500万円貸付金1,705万円

※”なし”は明示的に保有していないと発表されたもの、”ー”は言及されていないもの

 

小泉環境大臣は、滝川クリステルさんとの結婚のおかげか、今回公表された総資産の中で圧倒的ですね。

 

いくつか気になった点をピックアップします。

 

預貯金がほとんどゼロ?

公開されている預貯金は、当座預金・普通預金・普通貯金を除いた額です。実質定期預金だけですね。

つまり銀行の普通預金に1億円、タンスに300万円あってもここでの預貯金は”0″になります。

 

土地・建物資産の額について

土地・建物資産の額は固定資産税の課税標準額であり、実際に取引される額ではありません。

この課税標準額は、実際に取引される額の60~70%程度と言われています。

 

また、土地建物・建物資産は本人名義のものに限られるため、親・配偶者などは含まれません。

 

ゴルフ会員権はなぜ資産に含まれるのか

ゴルフをやらない方には、あまり馴染みがないかもしれませんが、ゴルフ会員権は文字通りゴルフの会員権で、ゴルフをする際に多くのメリットがあるものです。

 

そして、それと同時にゴルフ会員権自体が株式や保証金の形をとっています

ゴルフ場によりますが、数万円から、なかには数千万円で取引されている者もあり、十分資産といえるものになります。

 

スポンサーリンク

なぜ資産公開はされるのか

国会議員の資産が公開されるようになった背景には以下のような歴史があります。

  • 1983年
    堺市において政治倫理を確立するため、市長と市議会議員の資産等を公開することを規定した政治倫理条例が制定される。
  • 1984年
    第2次中曽根内閣時に大臣規範によって内閣総理大臣や国務大臣の資産が初めて公開される。
  • 宇野内閣時
    閣僚資産公開制度は配偶者と扶養する子供の資産に拡大される。
  • 1992年
    国会議員資産公開法が制定され国会議員の資産も公開されることに。

 

そして現在、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律により、国会議員の資産公開が定められています。

 

法律名に含まれている通り、政治倫理の確立のために、国会議員の資産は公開されているということです。

 

実はかなりゆるい法律?

上で紹介した法律により、国会議員の資産は公開する義務がありますが、内容はすべて自己申告です。

また、虚偽の内容であっても罰則等はないので、正直「公開する意味ってあるの?」とも思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

その他の議員の資産額

国会議員の資産公開が始まってから、今までの議員資産ランキングがあったのでご紹介します。

  議員資産ランキング 公開時 議員 総資産額
1位1993年12月  笹川堯40億9879万円
2位1993年12月  糸山英太郎40億5407万円
3位2015年5月  鳩山邦夫30億6520万円
4位1997年3月  中村正三郎26億2251万円
5位1993年12月  鳩山由紀夫23億7208万円
6位1999年1月  河本英典23億0901万円
7位2014年1月  渡辺美樹17億0580万円
8位1997年9月  加藤卓二16億7557万円
9位2000年12月  河野洋平15億3329万円
10位1993年12月  塩川正十郎14億2833万円

 

1位の方は存じ上げないのですが、40億円はすごいですね。。

 

ちなみに誰もが知っているだろう麻生さんと安倍首相は以下のようになっています。

安倍首相

総資産:1億396万円(2017年)

 

麻生副総理

総資産:5億2,303万円(2017年)

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、閣僚の資産公開についてまとめてみました。

 

資産公開と言ってもすべての資産が公開されている訳ではありませんが、閣僚や国会議員がどれだけ資産を持っているのかはやっぱり気になりますよね。

 

そして小泉環境大臣の資産に対して滝川クリステルさん効果はかなりありそうな気がします。

 

国会議員の給料は高すぎる? 内訳や理由をまとめてみた
先日選挙が終わり、 ふと「国会議員の給料っていくら何だろう」と疑問に思ったため、 今回は国会議員の収入について調べてみました。 1年で数千万円とも言われる国会議員の給料。 その内訳や、高い理由はどのようになっ...

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました