【Windows】ディレクトリ構成図の書き方を2つご紹介 ファイル込みで表記する方法も

新しいプロジェクトなどを始める際、ディレクトリ構成図を表現したい時ありますよね。

こんなやつ↓

├─css
├─plugin
├─tmp
└─other

今回はディレクトリ構成図を書く方法を2つご紹介します。

①罫線文字を使ってディレクトリ構成図を書く

MSIMEだと、以下の文字の変換で罫線文字を表示することができます。

読み文字
たて│ ┃
ひだり┨  ┥  ┤  ┫
たてみぎ┣  ┠  ┝  ├
ひだりうえ┌ ┏
ひだりした└ ┗
ふとわく┗┻━┛ ┏┳━┓
ほそわく└┴─┘ ┌┬─┐
まんなか┼ ╋ ┿ ╂
みぎうえ┐  ┓
みぎした┘  ┛
よこ─  ━
よこうえ┻  ┷  ┸  ┴
よこした┳ ┯ ┰ ┬

かなり直観的に変換できると思います。

ただ、この罫線文字を地道に書いていくのはちょっと苦労しますよね。

 

②予め作ったディレクトリをtreeコマンドで出力する

基本的にはこちらの方が簡単で、おススメの方法です。

~作成手順~

  1. 空のディレクトリを実際に作る
  2. コマンドプロンプト等を開いて、treeコマンドで出力する
  3. 任意の場所に張りつける

具体的に紹介します。

1. ディレクトリの作成

デスクトップ上で「右クリック ➤ 新規作成 ➤ フォルダー」からディレクトリ構成を作っていきます。

※フォルダの作成は「ctrl + Shift + N」の同時押しでも作成できます。

 

2.treeコマンドで出力

Windows環境なら、コマンドプロンプトかWindows PowerShellを開きます。

Windowsでプログラムを検索する際は、「画面左下のスタートアイコンを右クリック ➤ 検索」から探せます。

例)コマンドプロンプトを検索する場合

 

開けたら、treeと記述し、半角スペースを空けてから作成したフォルダーをドラッグします。

ドラッグ後はこんな感じになります。

C:\Users\{ユーザー名}>tree C:\Users\{ユーザー名}\Desktop\test

ここでEnterを押すとディレクトリが表示されます。

├─dir_parent
│  ├─dir_child1
│  │  ├─dir_grand_child1
│  │  └─dir_grand_child2
│  └─dir_child2
│      ├─dir_grand_child1
│      └─dir_grand_child2
└─dir_parent2
    ├─dir_child3
    │  ├─dir_grand_child1
    │  └─dir_grand_child2
    └─dir_child4
        ├─dir_grand_child3
        └─dir_grand_child4

※コマンドプロンプトでは表記がくずれているかもしれませんが、他の場所にコピペしたら綺麗に表示されます。

 

3.任意の場所に貼り付ける

後はエクセルやメモ帳などにコピペするだけです。

こちらの方法だと、間違えがないので安心ですね。

 

レベルアップ:中のファイルまで表示させる

ディレクトリ構成だけでなく、中のファイルまで表示させたい時は、/fオプションをつけるだけです。

C:\Users\{ユーザー名}>tree/f C:\Users\{ユーザー名}\Desktop\test

無事テキストファイルまで表示されました。

├─dir_parent
│  ├─dir_child1
│  │  ├─dir_grand_child1
│  │  │      test.txt
│  │  │
│  │  └─dir_grand_child2
│  └─dir_child2
│      ├─dir_grand_child1
│      └─dir_grand_child2
└─dir_parent2
    ├─dir_child3
    │  ├─dir_grand_child1
    │  └─dir_grand_child2
    └─dir_child4
        ├─dir_grand_child3
        └─dir_grand_child4

 


以上、ディレクトリ構成図の書き方についてまとめてみました。

 

treeコマンドを使うと思ったより簡単に表記できるので、ぜひ試してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました